ミサキのミ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



刃先の届かない距離で

 例えば周囲の人間だれもが晒しを巻いていて、その下に包丁を仕込んでいるのに、自分だけ身ぐるみ剥がされたような絶対的隔絶。近づかれるだけで震えてしまう。震えるのはね、きみが弱いからだよ。と言い包められていく。「大丈夫、切りつけないよ」と言われたところで、それは「持っている者」の言い分でしかない。

人混みに慣れる、慣れない。

だれかを信じる、信じない。

あなたを愛せる、愛せない。

そういう問題にすり替えられてしまうことが、わたしは悲しい。

 

 


Alfredo Rodriguez and Richard Bona "Raíces (Roots)"

MSKA5872

 

© 2016 ミサキのミ

当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。