読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

私信

f:id:orionhanako:20170426221744j:plain

 疲れが一気に出たようで、きょうは病院にも行けなかった。

 

 夕べは八時半にふとんに入ったのだから、まる十六時間寝ていたことになる。冷蔵庫には醤油と納豆が一パック。きょうは買い物の日だ。夕刻、着替えて出かける。諸々はマスクでごまかす。いつものように決まった数の蜜柑ゼリーをかごに入れる。お店もわたしのペースを見極めたのか、近ごろは品切れになることがなくなった。

 駅の近くで、刺又のような杖をついた老婆を見かけた。見覚えがあるのでおそらくご近所さんだと思う。ひさしぶりにこの辺りを散歩しようか。去年の今ごろはよく歩いていたのだ。その頃はもう杖を手放してはいたが、歩くにはサポーターが必須だった。

 

 いつも水分補給していた自販機からは馴染みのドリンクが消えている。部活帰りの中学生は相変わらず溌剌としているが、わたしには会話が見えてこないからだろう。公園沿いのコンビニは無くなっていたが、おもしろい顔をした背の高い木は健在だった。

 今は歩き旅の真っただ中、岩礁トレイルに挑戦している。かつての夜型人間がうそのような早起きだ。外食のできないわたしがあらゆる下準備をして、港の食堂でまぐろを食べることができた。ひとの写真を眺めては、知らない土地や食べ物にあれこれ想いを巡らせていたのに、いつの間にかじぶんも撮るようになっていた。 

 

 父ちゃん、これが今のわたしだ。

 

 じぶんの感情の入り口を認識して、かつ表現できるようになることが必要だった。一年を費やしてらせん階段をのぼり、或いは下り、それとも井戸穴に落ちたか。いずれにしてもこんな日々が、せいかつが、続くとは思わなんだ。


【MV】人間失格 / GOMESS (あいver.)

© 2016 生きてえのだ

当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。