生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

音楽について

 音楽はわたしを守ってくれる。鋭敏な目と耳をつつみこむ。不可解で、予測不可能な事象を切り離す。ジャンルは問わない。ライヒもメシュガーも美しい。わたしにとっての調和がそこにあるか。それが全てである。

 まだ暗い朝にはマット・コービーを、山の中ではリチャード・ボナを、眼鏡がくもるとニコラ・ヒッチコック、家路のけだるさにはアンナ・マリア・ヨペクを。そして感情を見失ったとき、シェリル・ベンティーンを聴く。

 シェリルならアルバム『Sings Waltz For Debby』がいい。彼女が『Waltz For Debby』を歌い出すころ、わたしは正しい位置に帰って涙を流す。この期に及んでわたしは、人の声に惹かれている。

 ピアノの音色も好きだ。ルービンシュタインが奏でる、ショパンのバラード第一番に震えた。しかし体育館で練習したのはシューマンだった。バンドマンに誘われて、歌い出したのもこのころだ。

 バンドを放り出された後は、ストリートに放られた。拾ってくれた男たちの車で、染みついたトゥパック。やがてソロキャリアを歩みだす。愛器はメイプルネックのレスポール・デラックス。ファズにこだわる。以来、五枚のアルバムを作ったが、アルコールを断ったら「作る」ことしかできなくなった。

 生死をさまよい思い知る。音楽はわたしなのに、ステージはこの身体には暴力であった。あの体育館でピアノを弾き始めてから、二十年の歳月が流れていた。

 

 わたしの音楽欲はいまだ衰えない。新しい出会いに貪欲である。出会いは音楽の中にあって、音楽は人であった。そこに太い背骨があるのなら、それでいい。わたしは人に見守られて暮らし、わたしもまるで、誰かを求めている。

f:id:orionhanako:20170327152205j:plain

orionhanako.hateblo.jp

orionhanako.hateblo.jp

© 2016 生きてえのだ

当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。