生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

針せんぼん

風雪 散りばむ石畳
覗きこんだ水たまりに
欄干がぴうと揺らいだ
町が光彩を解き放つ
 
モルタル 電柱のすき間には
暮らしがちりぢりと犇めく
降りしきる人情に振りこむ人和
廃車に雀卓 赤みさす老人
 
もろ手を掲げ
グラフを背中に
ならべ重ねて
焼津でもちらつく東京
 
鎖骨もうずめた
海にしずめた
呼吸はあえなく
しわくちとな
 
 
埼京線に呼ばれる
電話口でからまる
指切り げんまんが
レンジで温まる
 
いつか拾
骨くらい
骨ぐらい
くちびるがひび割れる

DSCF1472


Buika - Jodida pero contenta (Directo Cueva Candela 06)

© 2016 生きてえのだ

当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。