読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

不都合な果肉

現在のこと
川縁はひとからげに
目もあらく梳かされ
残された水鳥と河口をめざす
 
ポリタンクが漂う
彼岸花はにじむ
保冷ボクスがうすら
 
囲いこむ
 
かげろう はらはら
吠えるジングルビ
跳ねる少年少女
 
これがどうにも毛深く
青いほおずきが深々
こうべを垂れた
 
かたいベンチに尾てい骨が
いてえと漏らす
 
それはわたし
これもわたし
 
掴めるものは掴み
食えるものは食う
 
手にしたものなら
むしんに
スケトに摘みとる
 
かじりつく
 
水鳥のあし
少年のひとさし
 
ひとの優しさは値切り
無償の愛は切り売り
 
未読と既読の攻防は
いまだ経験もなし
 
羨ましくはないし
きれい事にもうんざり
 
それがわたし
どれもわたし
 
たしかなものは
純情なはいせつ
 
混じり気の無いわたしを
つまはじきにする巷説

f:id:orionhanako:20160917173444j:plain

© 2016 生きてえのだ