読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

喃語ひびく

湿気の回らない換気扇に
ひたいの汗も 玉とこぼれた
もぞもぞと座たまま
たらふく太た 湿り気を抜く
 
手つなぎをがまんする代わり
この髪の毛を弄て紛らわす
 
陽気が馴染んで
夢中で
跳んで
手を振れば
のども渇くというもの
 
 
突如 離陸体制に入
波うつ筋肉が 肩をつかむ
窮屈そうに喉が鳴る
 
吹き上がる汚物
こみ上げる躊躇
血がにじむ肩を透かして
両手いぱいに受け止める
 
あん
 
見上げれば
こり涙目が笑った
 
うは杖
あすは添え木
目であり 耳であり
考える足 にもなる
 
そもそも見返りなんて
ひとに求めないものよ
 
だから訊く
そして投げる
ルを ことばを
 
それが適わぬのなら
手を取り 同じものを見
その目 その手と
おはなしをしよう
 
夏の入り
こんな ばらばらになりそうな日だ
まずは おむつから始まてくれるのだ

© 2016 生きてえのだ

当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。