生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

水母ゆれる

にんげんもどろどろだ
と思ていた時期もありました
いわゆるなま肉だ
と知たのは十二の夏でした
 
片瀬江の島
ひらひらと瞬きます
 
待て
と言いつけた水夫が
四つ足のいすにまたがり
はと こぎ出すのです
ぷかぷか浮くのです
ぶくぶく泡ぶくのです
 
あそこ とゆびを指すと
船乗りたちはこぞ
ざんぶ と波を打ちました
海藻にからまる髪の毛が
海中をころころ転が
もはや見ているだけでは 蹴り殺されます
 
その時 腕もたわわに
大きなかさが羽ばたきました
うそじない
岸線を縫いつける灯りに 誓います
 
にんげんはなま肉ゆえ
怯えます
こわいものは とにかく
てしまいたいのです

DSCF1610

© 2016 生きてえのだ

当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。