生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

喜劇として

PB060040

話し相手がなくなり
話す必要がなくなり
三月でちうど一年
ここはPC
 
なぜ癇癪を起こすか
雨戸の向こう側
番号交換の仕方
いっこうに分からぬまま
 
リハビリで歩きだし
痛くて往生して
やがてちからを取り戻し距離が伸び
大好きな音楽に埋もれて見上げた高層ビル
 
その日
びかびかと四方が光
 
そして一言
ぽたん
 
と落ちて
 
ぽんたら ぽんたら
落ちてきて
 
泣けたの
 
 
厄介さんとは十年来のお付き合い
すべり滑って入院しては暴れて
プログラムは脱落隔離され
話し相手はもぱら換気扇
仲間に嫌われ制裁を受け
なみかぜ立てずにじと過ごして
かろうじて生きながらえている
死にかけながらもいまに至る
 
生きるとは恥を曝すこと
 
どこぞの長老は言われた
若くして患うのは幸せだと
 
しぼんだ脳みそをさすると
寝ぼけたニロンが震える
本をなぞれば幾度も
あたまとしぽが泳ぎだす
 
わたしはただの、肉塊ではないの


Sarah McLachlan - Ordinary Miracle

© 2016 生きてえのだ

当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。