読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

信号の発明がありがたい話

雑記
 突然ですが信号が苦手ですいつもコンビニの
角を左折すると信号が待ち構えています距離に
して角から20mくらいか当然曲がるまで信
号の色はわかりません安心して交差点を渡れる
条件はひとつ赤のうちに信号にたどり着き
に変わるのを待て歩き出せることもし曲が
た時点で青だた場合は左折の車と対向右折の車
が気になて渡れません車は大抵最初の歩行者
を待てから進入するためタイミングが分からな
この場合はゆくり歩き交差点に着くま
でに赤になるよう時間調節をしてやり過ごします
 
 しかし現実には曲がた時に赤信号の場合がと
ても面倒ですこれには2パタンあまず
1つは青になるまでの時間が長いパタこの
場合は角を曲がて赤信号を見た瞬間から急いで
青になる前までに交差点に着くようにします
うひとつは青になるまでの時間が短いパタ
このパタンが一番不安が強いのですが交差点
に向かている途中で現在青色進行中の歩行者
用信号が点滅し始めますこうなたら一気に減
速してなんせ20mですから青信号を一度や
り過ごしその次の青で渡るようにします
 
 しかし角を曲がた時点で赤信号の場合は
ちらのパタンになるのか毎回分からないので不
安が大きいです実際の行動面でも性急に交差点
を目指していたのにそのまま急ぎ続ける場合と
急に減速する場合に分かれ混乱しますなので信
号のたびにどきどきして困ります
 
 ただ最近の信号には目盛りが着くようになりま
した経過時間表示機能は歩くのが遅い高齢者へ
の配慮からの導入だと思いますがそれはこのよ
うな不安に対してもありがたい発明でしたです
のでなるべく経過時間表示機能のある信号を下調
べしながら街に出ています

© 2016 生きてえのだ