読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

層雲

へし折れた田んぼの衣擦れに ちくちく西日が染みついた かぜが涼しさを練ると人は家路を急ぐ こうもりばかり目で追った 上を向いて歩いてばかりだ さっきも線路に躓いた ヴエッ、ヴエッと呼んだ者がいる 足のうらの蛙だった 洗濯、歯磨き、お手洗い 昨日でき…

喜劇として

話し相手がなくなり 話す必要がなくなり 三月でちょうど一年 ここはPC なぜ癇癪を起こすか 雨戸の向こう側 番号交換の仕方 いっこうに分からぬまま リハビリで歩きだし 痛くて往生して やがてちからを取り戻し、距離が伸び 大好きな音楽に埋もれて見上げた…

散走の夏日

ペダルをくるりと回す 少しワイヤーが伸びたか シートクランプは指二本のところ クランクは任せろと言ってくれた 今度はぐいと踏む 痛む、だが悪くない 行こう相棒、もう一度 あたしのルーペとなっておくれ 風がぼうぼうと憂う だがそれがどうした そんなも…

スクリーミングパンダ

まくらの臭いに目ん玉剥いて ぶつ切り 掲示板に書き殴る 連中はとにかく欠損遺体が好き 不測の事態に備えた吐き気はすっかり 開発されてしまった、ちなみに 課金をせびるゲームはひどく攻め込まれていた スクリーミングパンダ、 これが朝だ。 KoRn - twist v…

個性

あんた誰 と言われてから、着飾るのをやめた Funky Stuff - Lizzy Mercier Descloux

サークル

薄いグラデーションの雨 エアリィな意識高い系 王子様はグラインドコアだって 落としどころはファストブラックで 朝食はコンビニ前 乙女でも二人前 ほんとはゴア表現が苦手 友達からでも無理ですって 年下なのにやわらぎ深く かわいい顔して信心深く おそら…

淑女H

年端も行かぬ少年が 老女のバッグを打ち捨てるのを見た 緑青の開いた目 くそみてえな大人になるぞ ちょこんと生えたまゆの手入れに 夕べの嗜好がにじり寄る ほほえむ、と 少年は目をそらした 富士見通りをぬるりと渡る 言われるように不死身と思う そのくせ…

ひと筆

山波がいっそう黒澄んだ 鈍行列車で行く まっすぐ最後尾に身を投げる とにかく飛び込むのだ することは決まっているが しないことは決めていない 黒松に白濁の月 この町で磯の香りなど感じたこともない あたしは丸くかたつむり 蛇口を閉め忘れてジャグジー …

© 2016 生きてえのだ