生きてえのだ

花と虫と海、それとさんぽが好き。



目次  

歩き旅について

 みなさまこんばんは。青那です。

 突然ですが、歩き旅を始めました。ひたすら海岸線を歩いて行きます。外泊外食ができないので毎回帰ってきますが、始発で出かけて海をつないでいきます。

 いくつかの港でわかめや魚が泳ぐのを眺めました。海岸を行くはずが気づいたら峠を越えていたりもしました。ふり返ると歩いた砂浜や岩場がずっと連なっていて、地に足がついた気分になりました。

 波の音は不思議と、耳栓をしなくても心地よく聞こえます。そばに居たいのです。だからなのか、またもや足をとられて濡れました。

 いまのところ全行程に一か月ほどかかりそうです。また落ち着いたらブログも更新したいと思います。もちろん写真も。

 みなさまのブログも読ませていただきたいので、訪問再開の際はまたよろしくお願いいたします。

 

f:id:orionhanako:20170310200756j:plain

f:id:orionhanako:20170310195155j:plain

弁天橋を渡れ

橋の中ほどまで歩いた
 
みながみな
昼めしをか食らう砂浜
──経過観察
 
そこには食性や習慣
受容と共感のしくみがあるはずだ
足音には用心深く耳を澄ます
こちらに気づく者もあるのだ
 
怒った声にはしゃぐ声
爆竹と花火が突如として
激しい頭痛を引き起こす
欄干に身を隠すところはなく
立ち尽くすのが常だ
「笑ってみろよ
悔しくないのか
まくし立てるのはいつだて身内だ
うつむいた一点を見つめる
瞬間つかまれた肩を振りほどく
噛みつく
ひら手を食て血を吐く
だまれ野次馬、
お天道様も
ぽを向いた日
 
嵐が過ぎるのを待て
何事もなかたように振る舞え

 

 
もと来た道をたどる
生まれてこの方
何度この橋を渡ろうとしたか
 
富士の息吹がきれいだ
君もそうは思わないか
 
引きずる足が止まる
わたしはふたたび橋の中ほどまで歩いた

MSKA2454


Anna Maria Jopek- I Burn for you

© 2016 生きてえのだ

当ブログの文章・画像等の無断転載及び複製等の行為を禁じます。